ホルミシスについて

 ホルミシス

ホルミシスってなに?

ホルミシス=低レベル放射線による刺激作用

ホルミシス(hormesis)の語源はギリシャ語のhormo(刺激)に由来します。ホルモンも同じです。

低レベル放射線を浴びると、各細胞が刺激を受け、活性化を始めます。それによって毛細血管が拡張して新陳代謝が向上し、免疫力や自然治癒力を高めます。

 ホルミシス

低放射線ホルミシスとは?

「高放射線は人体にとって有害である、しかしながら低放射線は人体にとって有益である」
そして、その理論、結果をエステに応用、研究開発し、ここにひとつの商品が生まれました。
それが、「クリスタルプレジャーセット」です。
1985年、アメリカ・ミズーリ大学のラッキー博士が論文を発表し、日本の服部博士(電力中央研究所)がこれに光を当て、そこから各関係機関、医大で研究がなされ、さまざまな効果が認められています。
発表では、年間200ミリシーベルト(人体が受けた放射線の影響を表す単位)程度は人体に有益とされています。
ただし、わが国の「放射線障害防止法」に基づく等価線限度は年間20ミリシーベルトです。
この商品はこの範囲内に適用するように開発(天然の同位元素をインクルージョン)されています。
放射線といっても馴染みが薄いかもしれませんが、図のとおり、身の回りにはこれだけのものがあり、食べ物や自然界から日常的に吸収しているのです。

 ホルミシス

放射線ホルミシス効果のその他事例

電力中央研究所が中心となって推進してきた「放射線ホルミシス効果検証プロジェクト」では、生体を構成する「分子レベル」において、
(1)抗酸化系酵素活性
(2)タンパク誘導合成
(3)細胞情報伝達系の関与
さらに「個体レベル」においては、
(1)制がん・抗がん作用
(2)活性酸素病に対する効果
(3)放射線抵抗性の獲得
(4)中枢神経系への刺激作用
(5)ヒトの疫学的効果
というように、実に多くの放射線ホルミシス効果を見つけることに成功した。

 ホルミシス

ラッキー博士の論文に驚き、ホルミシス研究に着手してから10年が経過した。
今や、低線量の放射線照射によってホルミシス効果が生じることはほぼ間違いないと言ってもよいのではなかろうか。

 ホルミシス

クリスタルウォーミークリスタルアクアクリスタルトゥルー

※画像はエステサロン用(業務用)水晶「クリスタルプレジャーセット」

 ホルミシス

ご家庭用(個人用)はこちら

 ホルミシス

このページのTOPへ

ーーーーー 株式会社イデア ーーーーー

東京都港区港南4丁目1-10-1102

TEL:03-6451-4291 FAX:03-6451-4292

受付時間:9時〜17時 土日祝除く